洗練された美白肌を極める『完全美白』 アルカンジュ

買い物カゴはコチラ

商品検索はコチラ

ホワイトローズマリー

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

洗練された美白肌を極める『完全美白』

▼詳細
●紫外線による『光老化』の進行
私たちの身体は皮膚1枚を隔てて「体内」と「体外」に区別されています。皮膚のおかげで体内が紫外線にさらされることはありませんが、皮膚は紫外線によって確実に老化が進行します。それを『光老化』といい、紫外線を浴びると肌内部でメラニン色素が作られシミ・ソバカスに。また、古い角質が蓄積することでお肌の透明感が失われ、更に弾力線維コラーゲンを変性させてシワ・たるみが発生する原因となります。紫外線は太陽光の一種ですが、私たちの眼ではそれを感じることは出来ません。私たちは可視光線400〜700nm(ナノメーター=1/10億メートル)の波長だけを感知しています。紫外線は190〜400nmの波長の光で、生理的作用の違いからUV-A・UV-B・UV-Cの3つに分けられます。波長が短いほど毒性が強く肌細胞に強烈なダメージを与えます。最も毒性の強いUV-Cはオゾン層に遮られ地表には届きませんが、近年のオゾン層破壊の影響を受けるオーストラリアなどの地域では皮膚癌や白内障の増加が報告されており、健康被害が心配されています。
●細胞の記憶が肌老化を招く
毎日少しずつ紫外線を浴びていても、大きな変化は感じないものです。しかし、わずかに浴びる紫外線のことを細胞は長い間、記憶していることが最近分かってきました。紫外線により肌細胞の中で発生した活性酸素が、私たちの気付かないレベルの炎症反応を起こし、それが記憶されていきます。繰り返すことで記憶が蓄積されていき、最終的には大量に紫外線を浴びたことと同じこととなり、それが肌老化を引き起こすのです。
●アンチエイジング的UV対策
最近は日傘・帽子・日焼け止めクリームなどでしっかりUV対策をとるひとが多いですが、紫外線は地表や壁に反射し、あらゆる方向からくるため完全防御というのは不可能です。『光老化』を防ぐには紫外線を浴びた記憶を細胞から消す『リセット』が重要です。それにはお肌の炎症を除去する成分を取り入れることが最も有効です。
◆ナガセの美白システムは『細胞美白』
シミ・ソバカスができる原因は、メラニン産生細胞の暴走にあります。この暴走する細胞はメラニン合成酵素を大量に作り続け、酵素がたくさんあれば、シミ・ソバカスもたくさんできるという連鎖反応を起こします。最近の研究では、メラニン産生細胞の暴走をコントロールしているスイッチが細胞の中に存在していることがわかっています。シミ・ソバカスのない透明感のある白いお肌を目指すためには、このスイッチをにすることが最も重要だとナガセは考え、そのスイッチをOFFにする成分をホワイトローズマリーから発見セラホワイトシリーズに配合しています。
[前に戻る]