美しいお肌の条件とは何でしょう?C混合肌 アルカンジュ

買い物カゴはコチラ

商品検索はコチラ

混合肌

美しいお肌の条件とは何でしょう?C混合肌

▼詳細
皮膚表面には大小の細かい溝(皮溝)とそれによって囲まれた、小さな高まり(皮丘)があります。その皮溝と皮丘で作られる細かい凹凸部分をキメといいます。お肌がみずみずしく、健康な状態にあるとき、キメは三角形のような形を保っています。しかし、紫外線や乾燥、加齢などにより、お肌の機能が低下すると、キメが乱れ始めます。肌状態では、くすみが目立ち、ハリが低下して、シワ・たるみ・シミなどの肌トラブルが起こりやすくなります。ですから、美肌の条件ともいえるキメの状態や肌質を確認し、現在の肌状態、そして近い将来起こりうる肌トラブルなどを早期に発見し、トラブルを防ぐことが、美肌を維持・実現する有効な手段となるのです。
●脂っぽいのに、カサつくお肌(混合肌)
皮脂量が多いため、毛穴が目立ちます。また、水分量が少ないため、皮溝が一方方向に流れて見えます。皮膚表面に必要な水分、油分のバランスが乱れやすいため、ニキビ、吹き出物ができるのに、乾燥して肌荒れ、小ジワも作られやすい状態です。お肌の新陳代謝が乱れやすく、角質肥厚をおこしやすいのも特徴です。
◆W洗顔を必ず毎日継続して行い、お肌を清潔に保ち、また、お肌を柔軟に保つために化粧水はもちろん美容液を取り入れたお手入れをすることが効果的です。
★お手入れのポイント 皮膚表面にある余分な酸化皮脂を取り除くために、毎日のクレンジング洗顔料によるW洗顔が必要です。洗顔後のお肌が乾きやすいという特徴も併せ持っているので、ミフォレ化粧水サナージュAWで充分な保湿をすることをお勧めします。皮脂分泌をコントロールするために、脂っぽい部分(Tゾーン)などは、乳液やクリームの使用量の調整(少なめ)を行い、ベタつきをなくします。ただし、乾きやすい部分(特に目元や口元の部分)は、2度づけし、充分な保湿を心掛けましょう。
→乾燥肌へ
→脂性肌へ
→普通肌へ
[前に戻る]