美しいお肌の条件とは何でしょう?A乾燥肌 アルカンジュ

買い物カゴはコチラ

商品検索はコチラ

乾燥肌

美しいお肌の条件とは何でしょう?A乾燥肌

▼詳細
皮膚表面には大小の細かい溝(皮溝)とそれによって囲まれた、小さな高まり(皮丘)があります。その皮溝と皮丘で作られる細かい凹凸部分をキメといいます。お肌がみずみずしく、健康な状態にあるとき、キメは三角形のような形を保っています。しかし、紫外線や乾燥、加齢などにより、お肌の機能が低下すると、キメが乱れ始めます。肌状態では、くすみが目立ち、ハリが低下して、シワ・たるみ・シミなどの肌トラブルが起こりやすくなります。ですから、美肌の条件ともいえるキメの状態や肌質を確認し、現在の肌状態、そして近い将来起こりうる肌トラブルなどを早期に発見し、トラブルを防ぐことが、美肌を維持・実現する有効な手段となるのです。
●うるおいがなくカサついて荒れやすいお肌(乾燥肌)
皮溝が浅く、線が途中で切れているように見えます。ところどころに健康な部分もありますが、皮脂や水分がやや不足しているため、キメが流れて見えます。また、皮丘の膨らみが見えず、弾力に乏しい状態です。
◆水分と油分のバランスをとり、乾燥を防ぐと共に、お肌の保湿力を高めることが大切です。また、お肌の機能を活性化させる働きのあるスキンケァやスペシャル群で、丁寧なお手入れが必要です。
★お手入れのポイント 年間を通して、保湿ケァが必要です。使用するスキンケァはしっとりタイプのものを選びましょう。乾燥が激しい秋から冬にかけては、お肌が特にデリケートになりやすいので、メイクダウンする際には、クレンジングの量を多めにし、指の力を抜きます。また、洗顔時のすすぎの水も体温より低めのぬるいと感じる温度ですすぎを行います。常に乾燥からお肌を守るためには、化粧水後のサナージュAWの使用や日中の乳液、デイ・ケァ・ジェルの使用で外気からお肌を守りましょう。夜は、スキンケァの使用量を多めにし、特に、スペシャルクリームは乾きやすい部分に2度づけすることが効果的です。また、週に最低1度サナージュAWコンセントレートマスクで贅沢なうるおいをお肌に与えてあげましょう。
→脂性肌へ
→混合肌へ
→普通肌へ
[前に戻る]