腸内環境を整えるビフィズス菌 アルカンジュ

買い物カゴはコチラ

商品検索はコチラ

ビフィズス菌

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

腸内環境を整えるビフィズス菌

▼詳細
生きたまま腸に届けることが大切!
●生まれてすぐの腸にはビフィズス菌がいっぱい! 『プロバイオティクス』という言葉を最近よく目や耳にするようになりました。これは予防医学の観点から、"微生物によって腸の調子を整え、栄養素の吸収や免疫力を高めることで、病気になりにくい身体を作ろう"というものです。この"微生物"とはいわゆる善玉菌のこと。私たちの腸内では、これら善玉菌と有害物質を生産して身体に悪影響を及ぼす悪玉菌とが常にせめぎ合っているのです。善玉菌の代表格といえばビフィズス菌です。生まれてすぐの赤ちゃんの腸には、ビフィズス菌がとても多く存在しています。腸内環境が正常に働いているからこそ、お母さんのおっぱいから余すところなく栄養を吸収し、すくすくと成長することができるのです。しかし、年齢を重ねるごとにこのビフィズス菌は減少します。代わって大腸菌などの悪玉菌が勢力を増すと、腸内環境が乱れてしまうのです。そうなると、せっかく栄養豊富な食事をとったとしても消化吸収されないばかりか、便秘や下痢、肌荒れ、ニキビ、さらには動脈硬化や大腸ガンといった深刻な病気をまねきかねません。加齢やストレスなどの他に、悪玉菌が増える原因には、肉類中心の食生活も挙げられます。悪玉菌は、高タンパク・高脂肪の食品が大好きなのです。
●ビフィズス菌選びで一番大切なことは? このように、加齢や偏った食生活で失われてしまうビフィズス菌は、日々補ってあげなければなりません。近頃はビフィズス菌を含んだ食品や飲料なども多く出回っているので、それらを利用するのが手軽ですが、選ぶ上で一番大切なのは、"生きたまましっかり腸に届く"かどうかです。胃酸や胆汁に消化されてしまっては役に立たないので、ビフィズス菌選びではまずそのことを確かめましょう。善玉菌で腸内環境が整えば、便秘や下痢の予防だけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素の消化・吸収もよくなります。目指すは、"赤ちゃんの腸内環境!"。病気に負けない身体づくりのために、毎日の食生活に上手にビフィズス菌を取り入れて、プロバイオティクスを実践しましょう。
→セルフメディックスビオメイトへ
→トリアンヌN【顆粒】へ
→トリアンヌNドリンクへ
[前に戻る]